082-221-7270
専徳院特許事務所

先使用権の確保(日付確定等)


 発明したものが製造方法等のノウハウである場合、出願するメリットよりもデメリットの方が大きくなることがあります。
 出願せずにノウハウとして秘匿しておくこともできますが、万が一、他人が権利を取得した場合、その発明を実施することができなくなる恐れがあります。

 このような事態を回避する制度として先使用権というものが制定されています。
 先使用権は、他人の出願前から、その発明の実施を行っていた者に無償の実施権が与えられるという制度です(ただし条件や制約があります)。
 先使用権を確保する方法の一つとして、例えば、公証役場での日付確定を行う方法があります。

 弊所では、出願だけではなく、先使用権の確保についてのサポート(日付確定の代行業務等)も行っております。
 製造方法等のノウハウを発明したけれど、出願すべきかどうか悩まれている方は、ぜひ一度ご相談ください。

 詳細は、お電話(082−221−7270)からお問合せ下さい。
このページのTOPへ