専徳院特許事務所
専徳院特許事務所
事務所紹介
業務内容
アイデア/出願前段階
出願段階
知財の活用(出願後)
その他
知的財産
事務所連絡先
専徳院特許事務所
〒730-0017
広島市中区鉄砲町1-20
第3ウエノヤビル5F
TEL/082−221−7270
FAX/082−221−7280
発明・特許相談
標準価格表
事務所案内
「物品のデザイン」を保護する意匠法
物品の美的外観、デザインは意匠法で保護されます。意匠法では、「意匠」
は、物品(物品の部分を含む)の形状、模様、若しくは色彩又はこれらの結
合であって、視覚を通じて美観を起こさせるものと定義されています。よっ
て、物品のある部分に美的な特徴があれば部分意匠として保護を受けること
もできます。また画面デザインの保護が拡充され、例えば「携帯電話機の通
話者選択用画面デザイン」が保護されることとなりました。

手続きについて

登録意匠の事例

雨水升ふたの取っ手のカバー(意匠登録第1390047号)

制御盤(意匠登録第1101649号)

平面的デザイン:包装用袋(意匠登録第1206192号)

操作画像:携帯情報端末機の画像デザイン(意匠登録第1445620号)

標準的な手続きの流れ



出願から登録まで 
@意匠の保護を受けるためには、特許と同様、内容を具体的に記載した所定の様式の書類を特許庁に提出します。
A出願すると方式審査を経て審査官による実体審査が行われます。ここでは新規性、創作容易性などが審査されます。特許と異なり、実体審査のための出願審査請求は不要です。
B所定の要件を満たすと判断されると登録査定がなされます。
C一方、審査の結果、拒絶理由に該当すると、その旨の通知がなされます。
D拒絶理由通知に対して、手続補正書・意見書を提出し、再度審査官の審査を受けます。拒絶理由が解消すればB登録査定、解消していなければ、E拒絶査定されます。
F登録料を納付するとG登録され、登録意匠及びこれに類似する意匠を独占排他的に実施することができます。また、H登録内容が意匠公報に掲載されます。
I登録された後も意匠権を維持するために登録料の納付が必要です。
J意匠権の存続期間は、設定登録の日から20年と長いので、ロングライフ商品、リバイバルブームによって再度商品化された商品を適切に保護することができます。

手続の詳細は、http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/syutugan_tetuzuki.htmを参照願います。

費用
 費用は内容に応じて大きく異なります。標準価格表を用意しております。
 詳細はお電話(082−221−7270)・お問合わせフォームからお問い合わせ下さい。
 Copyright (c) Sentokuin. ALL Rights Reserved.