082-221-7270
専徳院特許事務所
事務所案内
「ネーミング」「ロゴマーク」を保護する商標法
 いつまでも記憶に残るネーミングやマークは、出所表示機能や広告機能があるため、場合によっては特許以上に事業に役立ちます。このネーミング、マークなどは商標法で保護されます。また近年、ブランド戦略の一環として会社名を商標登録するケースも増えています。登録商標を得た後は、積極的に使用することで、ブランド力が高まります。
 またご当地キャラクタ(ゆるキャラ)、地域団体商標が地域おこし、地域のブランド化に利用されています。
 小売業者・卸売業者の方々が使用する商標をサービスマーク(役務商標)として出願することが可能です(小売等役務商標)。
  • 新しいタイプの商標(音、位置、動き、ホログラム、色彩のみからなる商標)が登録可能となっています(平成27年4月から)。
  • キャッチフレーズ(キャッチコピー)が登録しやすくなりました(平成28年4月から)。
手続きについて

商標出願する場合の留意点

【先行商標調査について】
 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使用した類似先行商標の調査だけでは不足な場合があります。
商標の内容によっては、
 ⇒種苗法により品種登録を受けた品種の名称の調査
 ⇒地理的表示法に基づき登録された地理的表示の調査
が必要となる場合があります。

【商標(標章)について】
 使用態様を考慮した商標(標章)ですか?
 たとえば、下記Aのような二段併記商標や、Bのような文字+図形(ロゴマーク)(※結合商標といいます。)
などは注意が必要です。


【指定商品/役務について】
 指定商品/役務の指定のしかたは大丈夫ですか?
 指定した商品/役務での使用と認められない場合、不使用取消審判を請求され、商標登録が取り消される
おそれがあります(アリカ事件最高裁判決)。

登録事例

ブンカッキー(商標登録第5606393号)
指定商品:文房具類,おもちゃ

広島レモン(商標登録第5106630号)
指定商品:広島県産のレモン

庄原焼き(商標登録第5481800号)
指定商品:広島県庄原市発祥もしくは由来の製造方法に基づいて製造されたお好み焼き、他。

標準的な手続きの流れ

商標

出願から登録まで 
商標の保護を受けるためには、特許と同様、内容を具体的に記載した所定の様式の書類を特許庁に提出します。
出願の日から約半月程度で出願内容が公開されます。
出願すると方式審査を経て審査官による実体審査が行われます。ここでは識別性を有するかなどが審査されます。特許と異なり、実体審査のための出願審査請求は不要です。
所定の要件を満たすと判断されると登録査定がなされます。
一方、審査の結果、拒絶理由に該当すると、その旨の通知がなされます。
拒絶理由通知に対して、手続補正書・意見書を提出し、再度審査官の審査を受けます。拒絶理由が解消すれば登録査定、解消していなければ、拒絶査定されます。
登録料を納付すると登録され、登録商標を独占排他的に実施することができ、第三者の類似範囲の使用を禁止することができます。また、登録内容が商標公報に掲載されます。
以降10年間権利が存続します。
さらに更新登録の申請を行うことで、半永久的に商標権を維持することができます。

手続の詳細は、https://www.jpo.go.jp/system/basic/trademark/index.htmlを参照願います。

費用
 費用は内容に応じて大きく異なります。標準価格表を用意しております。
 詳細はお電話(082-221-7270)・お問合わせフォームからお問い合わせ下さい。

登録後の管理

登録商標も更新登録の申請を行わなければ消滅してしまいます。
弊所では、ご依頼があれば弊所で手続きを行わなかった登録商標についても、期限管理及び更新登録
の申請を致します。
このページのTOPへ